永井株式会社 ─プラスチックのラボ─

透明ボトルの永井株式会社です。
トップページ > 技術情報 > 2軸延伸ブロー成形法

ご存知ですか? プラスチック容器のつくり方2軸延伸ブロー成形法とは

2軸延伸ブロー成形法とは、あらかじめ射出成形でつくった「プリフォーム」を縦・横2方向に高倍率で延伸し、高圧空気を吹き込んで容器成形する技術を言います。

2軸延伸ブロー成形法の工程は、一般的にプリフォーム成形、プリフォーム加熱、プリフォーム延伸とブロー成形、排出と進行します。

2軸延伸ブロー成形法は、ダイレクトブロー成形法と比べて……

  1. 多数個取りが可能で生産性が高い。
  2. 口部の仕上り寸法精度が良い。
  3. 重量や内容積のバラツキが少なく安定している。
  4. プリフォームの成形ロスが少なく、材料費のコストダウンが図れる。

などのメリットがあります。

各ステージでの成形動作を、図をもとに説明します。

いわゆる「ペットボトル」をはじめ、様々なプラスチックのボトルや容器は、この成形方法で製造されます。詳しくは下の説明をお読み下さい。

射出工程

溶けた樹脂を金型に射出しプリフォームを成形します。

ブロー工程

プリフォームを適温まで加熱してブロー金型ではさむと同時に延伸棒で縦に伸ばします。高圧の空気が入り、プリフォームが金型いっぱいに膨らみます(横延伸)。

排出(取出)工程

冷却後、金型が開くと容器は取り出されます。
トップページ     企業情報     商品情報     開発情報     技術情報     ご相談・お問い合わせ  ]