受付時間:9:00~17:00(土日・祝日を除く)

会社案内

GREETING

代表あいさつ

全ては安心して喜んでいただくために

明治45年(1912年)の創業以来、お客様に安心して使っていただける「製品」と本当に喜んでいただける「サービス」を提供し続けることこそ私たちの使命であり、また、そのことで社会に貢献できるよう、社員一丸となって取組んで来ました。
創業以来培った技術と経験・知識をもとに、新素材の成形法を業界に先駆けて確立し、また独創性に富んだオリジナルプラスチック容器を開発することで、大手製薬メーカーを始め様々な業界のお客様に当社製品をご採用いただいています。
業界トップクラスの技術と管理水準をもってお届けする当社の容器包装製品を、お客さまの商品が市場に安定して供給されるためにお役立てください。

VISION

経営理念

我社の使命

私たちは事業を通して、私たちのお客様に本当に喜ばれる「製品」と「サービス」をお届けし、それによってお客様の繁栄、ひいては社会の発展の役に立つことを使命とします。

我社の目標

私たちは「優れた素材を製品化する」ことに最大の力を注ぎ、「安全かつ高機能・高品質な製品」と、「速く確実で気の利いたサービス」をお客様に提供することにより、社会をより豊かにすることに貢献します。また、そのことによって、社員一人ひとりは仕事を成し遂げる喜びを得、私たちの暮らしも豊かにすることを目標とします。

POLICY

行動指針

私たち社員は、お客様が満足し喜んでいただける製品を提供できるように、常に「六つの心」を心がけています。

六つの心

1.「おはようございます」と言う明るい心
2.「はい」と言う素直な心
3.「すみません」と言う反省の心
4.「わたしがします」と言う積極的な心
5.「ありがとうございます」と言う感謝の心
6.「おかげさまで」と言う謙虚な心

CARRIER

代表経歴

1951年 大阪市東成区に出生24才まで大阪に在住(~1976年)
1976~80年 プラスチック成型機メーカーで技術職として設計業務に就く
1980年 当社に入社、技術部に配属ながら営業担当としても大手製薬メーカー、大手電機メーカーとの取引に携わる
1986年 スナップ開閉式の点眼容器を考案、開発する
1998年 社長就任、現在に至る

代表取締役社長
永井孝明

COMPANY

会社概要

社名 永井株式会社
創業 明治45年(1912)4月 「田中弥硝子製造所」
設立 昭和25年(1950)7月 「永井硝子株式会社」
資本金 3,200万円
代表者 取締役社長 永井孝明
本社 〒544-0014 大阪市生野区巽東3丁目5番37号
TEL :06-6758-7758
FAX:06-6758-7757
工場 本社工場
ベトナム工場 (現地法人 Nagai Vietnam Co., Ltd.)
従業員数 50名
事業内容 プラスチック製品の製造・販売(主に、医薬品・化粧品容器)
取引銀行 三菱UFJ銀行 今里支店
三井住友銀行 今里支店
みずほ銀行 今里支店

APPEARANCE

本社外観



FACTORY

工場紹介

本社工場

【住所】
〒544-0014 大阪市生野区巽東3丁目5番37号

ベトナム工場

【Location】
18 VSIP Street 08, Vietnam-Singapore Industrial Park, Thuan An City, Binh Duong Province, Vietnam

STORY

沿革

明治45(1912)年4月 「田中弥硝子製造所」として大阪市東区森之宮東之町424番地に創業。
化粧瓶、薬瓶、輸出用瓶ほかを製造。
大正9(1920)年1月 ガラス製点眼瓶の製造を始める
昭和4(1929)年4月 滴下式両口点眼瓶を製造開始。
昭和8(1933)年5月 機械製瓶による「ロート式点眼瓶」を製造開始。
「永井硝子製造所」と改称、大阪市東成区に移転。以来昭和25年まで点眼瓶の製造に専念し、分工場4ヶ所を含め、年間最大生産数4000万個まで拡大
昭和20(1945)年12月 終戦に伴い分工場を閉鎖。
昭和25(1950)年6月 「永井硝子株式会社」に組織改変。
昭和27(1952)年10月 一般ガラス薬瓶も受注生産し拡販。
昭和37(1962)年1月 生野区巽東の現在地に新工場を建設し移転。
昭和38(1963)年8月 プラスチック製点眼瓶(ポリカーボネート素材)を製造開始。
昭和40(1965)年1月 「中小企業合理化モデル工場」の指定を受ける。
昭和42(1967)年4月 プラスチックに全面転換し、ガラス瓶の製造を停止。
昭和42(1967)年10月 「永井株式会社」に社名を変更。
昭和55(1980)年4月 ダイレクトブロー成形法によるPET瓶を製造開始。
昭和61(1986)年9月 スナップ開閉式の点眼容器を考案、開発。
平成7(1995)年6月 大阪市の「ニューファクトリー計画」にそって工場をリニューアル。クリーンでハイサイクルな電動式ブロー成形機を導入。
平成8(1996)年9月 大阪市より「中小企業快適工場」の表彰を受ける。
平成8(1996)年11月 ダイレクトブロー成形法によるPEN瓶を製造開始。
平成12(2000)年12月 2軸延伸ブロー成形法によるPET瓶を製造開始。
平成22(2010)年6月 ベトナム工場竣工。
平成30(2018)年1月 ナイロン6瓶をダイレクトブロー成形法により成形開始。

ACCESS MAP

アクセスマップ

電車をご利用の方

地下鉄千日前線北巽駅から徒歩約7分
地下鉄千日前線(御堂筋線「なんば」、堺筋線「日本橋」、谷町線「谷町9丁目」のりかえ)南巽行きに乗り「北巽駅」下車。
5番出口を進行方向に進み二つ目の信号(スーパー「ライフ」の角)を「古本市場」の方へ渡って直進。次の信号(酒店の角)を右折して40m左側。

自動車をご利用の方

大阪内環状線と勝山通りの交差点「地下鉄北巽」から、南へ二つ目の信号(「古本市場」の角)を左折。一方通行を東へ進み、次の信号(酒店の角)を右折して40m前方左側。
※当社構内に来客用駐車場をご用意しております。

CONTACT

お問い合わせ・資料請求

よそが出来ないもので、うちが作れるもの。最新の技術提供と安定供給で貴社の商品をサポートします。
どうしても思うような容器を見つけられなかったときや、従来のメーカーから変更しないといけない場合にも、永井は貴社のお役に立てると思います。